ベトナムニュース The Watch は現地から、投資、進出、ビジネス関連の最新情報を提供。

 汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望

 経済力、信用度が共に高い企業は、環境処理施設の入札を開催する際、環境処理基準が国際基準を満たす入札者を慎重に選ぶ。それが企業の価値を高め、国内外の顧客に対し、環境保護を念頭に生産活動を行っていることをアピールすることができるからだ。
 今月6日、シンガポールのGlowtec Environmental Engineering 社は、ベトナムの大手食品加工会社のベトナム食肉産業社(Vissan)の汚水処理システム施工に着工した。ベトナムにおける工場の汚水処理施工の今後の展望についてGlowtec社のChuan Diong Sian会長に話を聞いた。

Q: 現在のベトナムにおける工場の汚水処理状況についてどう思われますか。
A: 現在、全国で新工場または工業団地を建設する際は汚水処理施設の併設が義務づけられています。ホーチミン市では、環境汚染を引き起こす企業を工業団地に集めるという計画があり、環境汚染処理を積極的に推進しています。このような状況から弊社のような環境汚染処理専門企業にとって魅力ある市場であることが解りました。
Q: 現在、御社は代表事務所としてベトナムに進出していらっしゃいますが、業務拡大のためにベトナムに法人を設立される予定はないのでしょうか?
A: 弊社がホーチミン市に代表事務所を開設したのは1年以上前ですが、その2年前から既にここに来ていました。進度が遅くても着実なプロジェクトを選び、多くのベトナム企業に弊社の名が知れ渡った頃から現法の設立を考えるようになりました。汚水処理施設の需要の高まりを踏まえ、恐らく今年末にはベトナムに法人を設立することになると思います。新規の顧客も増え、弊社の知名度も上がると期待しています。
 これまでに、多くのベトナム企業に汚水処理施設の施工を行ってきました。昨年に手掛けたVinamilk社の施設は汚水処理能力が1日900?(45万ドル)で、今回のVissan社の施設は処理能力がさらに高いものです。Dong Nai省やハノイにも同様の施設を建設しました。
 この3年間で私たちが手掛けた施工の売上総額は約150万ドルになります。これは、他の分野の企業と比べれば大きな額ではありませんが、通常、建設プロジェクト費全体に占める汚水処理施設への割当て資金の比率は非常に低いため、環境汚染処理企業としては良い業績だと言えます。
Q: しかし、環境汚染処理市場の競争はそれほど激しくないのではありませんか?
A: そんなことはありません。環境汚染処理市場での競争は、今や熾烈を極めています。この業界は水面下での競争が激しく、競争相手はベトナム経済の発展の勢いに乗った現地企業のみならず、外国企業も含まれています。そのような状況でも弊社はかなり優勢で、独自の経営戦略も持っています。
Q: 御社はVinamilk社およびVissan社のプロジェクトを落札し、次はゴム工場のプロジェクトを落札されたそうですね。食品や農産物の加工工場の汚水処理において優勢ということなのでしょうか。
A: 食品関係の分野だけではなく、他業種の工場、工業団地、病院の汚水処理施設、ホテルへの水供給などのプロジェクトも落札しています。私たちは汚水処理の施工業において優勢で、しかも環境にやさしい好気性菌を利用した新技術を取り入れた水の供給も行っています。これは、多くの先進国でも取り入れられています。汚水処理業務における最大の難題は悪臭の除去ですが、私たちはそれも克服しました。
 弊社の特徴は、設計から建設、試運転までを一括して行うという点にあり、現在、中国、ベトナム、カンボジア、フィリピン、インドネシア、マレーシア、そしてシンガポールなどのアジア諸国に代表事務所があります。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

HOME
日本国内からの購読
  週4回の電子メールによるベトナムニュースが定期購読できます。
 
ベトナム国内からの購読
  毎週郵送される週刊「ベトナム最新情報」と、週4回の電子メールによるベトナムニュース速報の双方が定期購読できます。
 
 




2004.04.05
  Phu My 3発電所、操業開始
2004.04.01
  ソフトウェア版権侵害が95%
2004.04.01
  日本政府、8つのインフラ建設プロジェクトに融資
2004.03.25
  日本政府、ベトナム最大の港湾建設に援助
2004.03.23
対米繊維輸出、クオータを上回る潜在能力
2004.03.23
木材加工原料が値上がり
2004.03.23
7月1日より新所得税法施行
2004.03.19
賃貸高層集合住宅の開発を促進
2004.03.18
化粧品の輸出が好調
2004.03.18
日本政府の援助で人材育成センターを設立
2004.03.17
ホーチミン市、カラオケ・ディスコ経営の規制を強化
2004.03.16
LGベトナム社、日本・韓国へテレビを輸出
2004.03.16
国営企業の株式会社化を促進
2004.03.16
ウミガメの乱獲、実態調査へ
2004.03.15
商務省、国内産原料・製品保護計画の見直しを提議
2004.03.12
セメント、年内は価格を据置き
2004.03.11
高級志向化する消費者ニーズ
2004.03.04
プラスチック部門、今後の3大プロジェクト
2004.03.01
中国産農産物484品目の輸入税撤廃へ
2004.03.01
ベトナム語のドメイン名を発給開始
2004.02.26
Soc Trang省の砂を輸出
2004.02.26
広告業界への政策改善を
2004.02.19
インターネット利用の新規定
2004.02.19
Can Gio県、エビ収穫量が5年前の20倍に
   
 


2004.03.31
  ベトナム裾野産業の発展に向けて
2004.03.29
  米国IDGグループ、情報テクノロジー分野に1億ドルを投資
2004.03.12
  外国人の雇用、最大50人まで
2004.03.10
ベトナム、WTO加盟実現への課題
2004.03.08
  ベトナム人の「手先の器用さ」に世界の熱い眼差し
2004.03.03
FDI企業の株式会社化、30社が申請
2004.03.03
証券市場、外国人による投資が増加
2004.03.01
日系企業の投資実行額がトップに
2004.02.26
ホーチミン市、外国投資に優遇政策を適用
2004.02.19
ホーチミン市、オフィスリース料が上昇
2004.02.19
汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望
2004.02.18
2003年、最も高い投資効果を実現したFDI企業10社
2004.02.13
Hino Motorsベトナム社、大型トラック市場の展望
2004.02.02
越日合弁ソフトウェア社が設立
2004.01.29
外国投資誘致の目標額と今後の課題
2004.01.20
元ベトナム商工会議所副会長が語る「経済発展に必要なもの」
   
 


2004.04.02
  人身売買が2年間で1,758人に
2004.03.25
  木材加工品の輸出が好調
2004.03.23
  インフレ、過去7年間で最高
2004.03.17
  商標確立にかけるコスト、5%以下に留まる
2004.03.11
販売促進費が売上の約5%に
2004.03.09
原油輸出量が333万トンに
2004.03.01
重大交通事故、年初2カ月で47件に
2004.02.25
昨年の工業生産高、トップ10地域が全体の76%を占める
2004.02.02
農産物の輸出価格が上昇傾向
2004.01.29
越僑の送金額、ODA総額に匹敵
   
 


2004.03.25
  相手を知らずに商談
2004.03.15
  ベトナム一の長寿は116歳の女性
2004.03.04
生活レベル調査でホーチミン市147位、ハノイ152位
2004.02.20
不動産会社、人民委員会の“虎の威”を無断借用
2004.02.18
体育委員会副委員長、強制猥褻の疑いで逮捕される
2004.02.18
高級売春斡旋の元締めを逮捕
2004.02.16
鳥インフルエンザ、街に広がる波紋
2004.02.16
高額な給与で求職者を募る
2004.02.12
東大修士論文発表会、ベトナム人建築士が最優秀に
   
 


2004.03.19
  ハノイ路線バスの人間模様
2004.03.17
  廃品回収で億万長者に
2004.03.15
  新天地に賭けた人々
2004.03.08
  死神から子供を救う女性
2004.03.04
中国人行商人、性欲促進剤を販売
2004.02.28
ベトナム製電気自動車が登場
2004.02.26
活躍するベトナムの若手DJ
2004.02.15
ホーチミン市、大型カフェが続々登場
2004.02.14
100万ドンの高級品…コールガール
2004.02.08
サル料理ブーム、絶滅の危機を招く
2004.02.01
不妊治療の集落
2004.01.06
ワサビ栽培にかけた青春
   
 




              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.