活躍するベトナムの若手DJ

 DJをひと言で説明するなら、「音を選び出しリミックスするプロ」といったところであろうか。欧米諸国では、DJという職業は60年代から存在する。ベトナムでは若者たちがダンスミュージックを聴くようになったのはここ数年である。
ある日の夜、クラブSpaceshipにて全国新人DJ発掘コンクールが開催され、2,000人近くに上る若者が集まった。これは、DJのウェブサイトのオフラインイベントで、このコンクールに入賞したDJは、若者たちのカリスマ的存在となり、プロの道を歩むことになる。DJたちが腕を競い合ったこのイベントは5時間近く続いた。ハウス、トランス、テクノ、ヒップホップとジャンルも様々に繰り広げられ、彼らのリミックスによって創り出される音が観客を酔わせ、そして興奮させた。このクラブは、午後6時ごろからいつも客で混雑し出す。ダボッとしたパンツにスニーカー、頭をすっぽり包み込むキャップというヒップホップファッションの少年達が集まる。中には、ヒップホップの「ヒ」の字も知らないといった雰囲気の19〜20歳位の少女達も紛れ込んでいる。重低音が鳴り響き、店内はいつも活気に溢れている。  
耳にはヘッドホン、手はレコードの上に乗せ、体を揺らし、時々シャウトする。観客の中に飛び込んでリズムに合わせて踊ることもある。月収1,000万ドン以上(約670ドル以上)のDJも少なくない。DJの仕事は一見とても簡単そうに見えるが、音を選びつなぎ合わせる操作をこなすだけではプロのDJは務まらない。音の流れを保ち何時間も継続させ、さらに、観客とコミュニケーションをとりながら彼らの心理を読みとり、その時々の客の反応に合わせた絶妙な音量加減で、盛り上がった空気を維持することも不可欠だ。レコードとレコードのつなぎ目で詰まるようなことがあってはならない。客に切れ目を感づかれたらすぐに罵声が飛んでくる。腕の良いDJは、レコードの摩擦音やクラクションのような音、鋸を引くような音、機械が壊れたような音など、奇怪な音声を使い分け、心地よいサウンドを作り出す。まさに音の“魔術師”だ。
技を磨くための自己投資も不可欠なため、収入が多くても支出も多い。まず、レコード収集に出費がかさむ。DJはCDやレコードを3,000〜4,000枚持っているのが普通だ。入手困難な状況下で、同業者のレコードを盗む者も少なくない。
海外でDJという職業が発展したのは80年代以降と歴史は浅いが、今では、大手レコード会社とのアルバム生産契約から、DJ業をサポートする機器の開発、大規模な野外ライブイベントなど、世界の音楽産業に欠かせない存在だ。グラミー賞でも表彰されるなど、今やDJはれっきとしたアーティストとして認められるようになった。
世界のトップDJとして活躍するPaul Oakenfold氏は、ベトナムの若手DJについて、「彼らの技とレベルは海外のDJたちに匹敵するね。特に、彼らが非常に限られた素材で、音を作り出し、イギリスや北米のDJたちよりも工夫を凝らしている点には敬服するよ。彼らは、アレンジするのに外国人DJの何倍も労力をつぎ込んで初めて、数時間客を楽しませることができるという状況の中で鍛えられている」と語る。Oakenfold氏は特に、DJ、Nguyen Dinh My Quyenさんを絶賛している。彼女は、現在、New Phuong Dongというクラブの専属で、ベトナムのナンバーワンDJの座に君臨する。
その他にも、巨匠と呼ばれるPhat P、そして、バーLe MinhのロングヘアーがトレードマークのLong、SpaceshipのHoang、Bar CoCoのVyは、DJ仲間から一目置かれる存在だ。“好戦士”という別名で知られるTuan Thanhのような学生DJも少なくない。25歳の彼は、建築を専攻する大学生で、DJのウェブサイトも運営している。Thanhは、一番難しいと言われているヒップホップの変化に富んだリミックスを得意とし、訪れた客を独特の世界へ惹きこむと評価が高い。
経験を積んだDJたちは、音のリミックスだけに留まらず、バンドを結成したり、クラブをオープンさせたり、歌手のプロデュースを行うなど、他の仕事も多く手掛けている。自分の音楽を創造すること、彼らの音楽に対する追求は尽きない。                     

(Nguoi Lao Dong)

HOME




2004.04.05
  Phu My 3発電所、操業開始
2004.04.01
  ソフトウェア版権侵害が95%
2004.04.01
  日本政府、8つのインフラ建設プロジェクトに融資
2004.03.25
  日本政府、ベトナム最大の港湾建設に援助
2004.03.23
対米繊維輸出、クオータを上回る潜在能力
2004.03.23
木材加工原料が値上がり
2004.03.23
7月1日より新所得税法施行
2004.03.19
賃貸高層集合住宅の開発を促進
2004.03.18
化粧品の輸出が好調
2004.03.18
日本政府の援助で人材育成センターを設立
2004.03.17
ホーチミン市、カラオケ・ディスコ経営の規制を強化
2004.03.16
LGベトナム社、日本・韓国へテレビを輸出
2004.03.16
国営企業の株式会社化を促進
2004.03.16
ウミガメの乱獲、実態調査へ
2004.03.15
商務省、国内産原料・製品保護計画の見直しを提議
2004.03.12
セメント、年内は価格を据置き
2004.03.11
高級志向化する消費者ニーズ
2004.03.04
プラスチック部門、今後の3大プロジェクト
2004.03.01
中国産農産物484品目の輸入税撤廃へ
2004.03.01
ベトナム語のドメイン名を発給開始
2004.02.26
Soc Trang省の砂を輸出
2004.02.26
広告業界への政策改善を
2004.02.19
インターネット利用の新規定
2004.02.19
Can Gio県、エビ収穫量が5年前の20倍に
   
 


2004.03.31
  ベトナム裾野産業の発展に向けて
2004.03.29
  米国IDGグループ、情報テクノロジー分野に1億ドルを投資
2004.03.12
  外国人の雇用、最大50人まで
2004.03.10
ベトナム、WTO加盟実現への課題
2004.03.08
  ベトナム人の「手先の器用さ」に世界の熱い眼差し
2004.03.03
FDI企業の株式会社化、30社が申請
2004.03.03
証券市場、外国人による投資が増加
2004.03.01
日系企業の投資実行額がトップに
2004.02.26
ホーチミン市、外国投資に優遇政策を適用
2004.02.19
ホーチミン市、オフィスリース料が上昇
2004.02.19
汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望
2004.02.18
2003年、最も高い投資効果を実現したFDI企業10社
2004.02.13
Hino Motorsベトナム社、大型トラック市場の展望
2004.02.02
越日合弁ソフトウェア社が設立
2004.01.29
外国投資誘致の目標額と今後の課題
2004.01.20
元ベトナム商工会議所副会長が語る「経済発展に必要なもの」
   
 


2004.04.02
  人身売買が2年間で1,758人に
2004.03.25
  木材加工品の輸出が好調
2004.03.23
  インフレ、過去7年間で最高
2004.03.17
  商標確立にかけるコスト、5%以下に留まる
2004.03.11
販売促進費が売上の約5%に
2004.03.09
原油輸出量が333万トンに
2004.03.01
重大交通事故、年初2カ月で47件に
2004.02.25
昨年の工業生産高、トップ10地域が全体の76%を占める
2004.02.02
農産物の輸出価格が上昇傾向
2004.01.29
越僑の送金額、ODA総額に匹敵
   
 


2004.03.25
  相手を知らずに商談
2004.03.15
  ベトナム一の長寿は116歳の女性
2004.03.04
生活レベル調査でホーチミン市147位、ハノイ152位
2004.02.20
不動産会社、人民委員会の“虎の威”を無断借用
2004.02.18
体育委員会副委員長、強制猥褻の疑いで逮捕される
2004.02.18
高級売春斡旋の元締めを逮捕
2004.02.16
鳥インフルエンザ、街に広がる波紋
2004.02.16
高額な給与で求職者を募る
2004.02.12
東大修士論文発表会、ベトナム人建築士が最優秀に
   
 


2004.03.19
  ハノイ路線バスの人間模様
2004.03.17
  廃品回収で億万長者に
2004.03.15
  新天地に賭けた人々
2004.03.08
  死神から子供を救う女性
2004.03.04
中国人行商人、性欲促進剤を販売
2004.02.28
ベトナム製電気自動車が登場
2004.02.26
活躍するベトナムの若手DJ
2004.02.15
ホーチミン市、大型カフェが続々登場
2004.02.14
100万ドンの高級品…コールガール
2004.02.08
サル料理ブーム、絶滅の危機を招く
2004.02.01
不妊治療の集落
2004.01.06
ワサビ栽培にかけた青春
   
 




              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.