ダナン−東京間直行便、2008年まで延期

 ベトナム航空は交通運輸省に、Da Nang−東京間の運航を2008年まで見合わせる旨の文書を送付した。これについてDa Nang市代表のHuynh Van Chinh議員は国会で、Da Nang経由で中部を訪れるビジネス客や観光客が日増しに増加する中、この運航延期は遺憾であると発言した。同市に行くためにハノイまたはホーチミン市を経由しなければならないことが訪問客の悩みの種となっており、中部の旅行業界も失望を隠せない。Da Nang観光局のLuong Minh Sam局長は、Pacific Airlines、FAT、PB Air、Siem Reap Airways各社がDa Nang発の国際便を運航している実績を強調した。また政府も、ベトナム航空に対し今後の慎重な対応を求めている。4月23日、Vu Khoan副首相は交通運輸省、ベトナム民間航空局、およびベトナム航空に対し、同路線の就航に向けた再調査を早急に実施するよう再度指導した。しかし、ベトナム航空は最新の報告書の中で、中部を訪れる日本人客は限られており、「Da Nang−東京間の路線運航を早期に開始すれば、日本人客は現在のようにホーチミン市やハノイを訪れることなく、Da Nang市からカンボジアのシェムリアップに向かうだろう」との見解を明らかにした。
 Luong Minh Sam局長は、ベトナム航空の見解が正しいとすれば「中部やDa Nang市は国内開発において永久に取り残されてしまうだろう」という。また、「なぜベトナム航空は、この路線が軌道に乗るまで一定期間の補償を政府に求めないのでしょう」と疑問を投げかける。
 この問題について、日系旅行会社APEXのNishina Katsuhiko代表取締役は、「昨年ベトナムを訪れた日本人は28万人で、うち弊社が手配した観光客は5万人に上りました。今年は、鳥インフルエンザの影響で観光客数は減少していますが、来年には再び増加すると思われます。Da Nang−東京間の就航が2008年というのは遅すぎます。個人的には、来年の開始が最もふさわしいと考えています。天然資源や世界文化遺産に恵まれた中部は、多くの日本人観光客を魅了しています。Hai Van峠トンネルが来年開通することによって、有形・無形文化遺産を訪れる観光客はDa Nang市からQuang Binh省への移動時間が短縮されます。中部に優良なホテルがあることも日本人観光客やビジネス客の需要に応えるのに十分だと言えるでしょう。客足の悪さを心配する必要は無いと思います」と述べた。

(Thanh Nien)

HOME




2004.04.05
  Phu My 3発電所、操業開始
2004.04.01
  ソフトウェア版権侵害が95%
2004.04.01
  日本政府、8つのインフラ建設プロジェクトに融資
2004.03.25
  日本政府、ベトナム最大の港湾建設に援助
2004.03.23
対米繊維輸出、クオータを上回る潜在能力
2004.03.23
木材加工原料が値上がり
2004.03.23
7月1日より新所得税法施行
2004.03.19
賃貸高層集合住宅の開発を促進
2004.03.18
化粧品の輸出が好調
2004.03.18
日本政府の援助で人材育成センターを設立
2004.03.17
ホーチミン市、カラオケ・ディスコ経営の規制を強化
2004.03.16
LGベトナム社、日本・韓国へテレビを輸出
2004.03.16
国営企業の株式会社化を促進
2004.03.16
ウミガメの乱獲、実態調査へ
2004.03.15
商務省、国内産原料・製品保護計画の見直しを提議
2004.03.12
セメント、年内は価格を据置き
2004.03.11
高級志向化する消費者ニーズ
2004.03.04
プラスチック部門、今後の3大プロジェクト
2004.03.01
中国産農産物484品目の輸入税撤廃へ
2004.03.01
ベトナム語のドメイン名を発給開始
2004.02.26
Soc Trang省の砂を輸出
2004.02.26
広告業界への政策改善を
2004.02.19
インターネット利用の新規定
2004.02.19
Can Gio県、エビ収穫量が5年前の20倍に
   
 


2004.03.31
  ベトナム裾野産業の発展に向けて
2004.03.29
  米国IDGグループ、情報テクノロジー分野に1億ドルを投資
2004.03.12
  外国人の雇用、最大50人まで
2004.03.10
ベトナム、WTO加盟実現への課題
2004.03.08
  ベトナム人の「手先の器用さ」に世界の熱い眼差し
2004.03.03
FDI企業の株式会社化、30社が申請
2004.03.03
証券市場、外国人による投資が増加
2004.03.01
日系企業の投資実行額がトップに
2004.02.26
ホーチミン市、外国投資に優遇政策を適用
2004.02.19
ホーチミン市、オフィスリース料が上昇
2004.02.19
汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望
2004.02.18
2003年、最も高い投資効果を実現したFDI企業10社
2004.02.13
Hino Motorsベトナム社、大型トラック市場の展望
2004.02.02
越日合弁ソフトウェア社が設立
2004.01.29
外国投資誘致の目標額と今後の課題
2004.01.20
元ベトナム商工会議所副会長が語る「経済発展に必要なもの」
   
 


2004.04.02
  人身売買が2年間で1,758人に
2004.03.25
  木材加工品の輸出が好調
2004.03.23
  インフレ、過去7年間で最高
2004.03.17
  商標確立にかけるコスト、5%以下に留まる
2004.03.11
販売促進費が売上の約5%に
2004.03.09
原油輸出量が333万トンに
2004.03.01
重大交通事故、年初2カ月で47件に
2004.02.25
昨年の工業生産高、トップ10地域が全体の76%を占める
2004.02.02
農産物の輸出価格が上昇傾向
2004.01.29
越僑の送金額、ODA総額に匹敵
   
 


2004.03.25
  相手を知らずに商談
2004.03.15
  ベトナム一の長寿は116歳の女性
2004.03.04
生活レベル調査でホーチミン市147位、ハノイ152位
2004.02.20
不動産会社、人民委員会の“虎の威”を無断借用
2004.02.18
体育委員会副委員長、強制猥褻の疑いで逮捕される
2004.02.18
高級売春斡旋の元締めを逮捕
2004.02.16
鳥インフルエンザ、街に広がる波紋
2004.02.16
高額な給与で求職者を募る
2004.02.12
東大修士論文発表会、ベトナム人建築士が最優秀に
   
 


2004.03.19
  ハノイ路線バスの人間模様
2004.03.17
  廃品回収で億万長者に
2004.03.15
  新天地に賭けた人々
2004.03.08
  死神から子供を救う女性
2004.03.04
中国人行商人、性欲促進剤を販売
2004.02.28
ベトナム製電気自動車が登場
2004.02.26
活躍するベトナムの若手DJ
2004.02.15
ホーチミン市、大型カフェが続々登場
2004.02.14
100万ドンの高級品…コールガール
2004.02.08
サル料理ブーム、絶滅の危機を招く
2004.02.01
不妊治療の集落
2004.01.06
ワサビ栽培にかけた青春
   
 









              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.