ベトナム ベトナムビジネス TOHO CO., LTD.



ベトナム国内、インターネットが急速に普及

 国内のインターネット利用者数が現在のペースで増加を続ければ、1〜2年後にはベトナムのインターネット普及率は、アジア諸国平均と同水準になると専門家は予測している。
 現在、ベトナムではインターネットが急速に普及している。例えば、2003年6月から2004年5月までのわずか1年間で、インターネット利用者は190万人から470万人に増加した。2004年5月の利用者数は1年前の約3倍となっており、過去最高の伸びを見せた。インターネットの利用契約件数も増加し、2003年5月の46万6,000件から2004年5月には116万5,000件となった。各ISPのシェアは、▽ベトナム郵電公社(VNPT)・59.3%、▽FPT・22.6%、▽Netnam・7%、▽SPT・6.9%、▽Vietel・2.5%、▽OCI・1.6%となっている。ベトナムデータ通信社(VDC)による積極的な設備投資と契約者数の急激な増加により、国際接続されたバックボーン回線帯域の合計は、2003年4月〜12月までのわずか8カ月間で、210Mbpsから1,038Mbpsまでに急増した。そのうちVNPTが約87.2%(905Mb)、次いでFPTが8.6%を確保している。VNPTは、日本および米国との間に200Mbpsの回線を追加接続する予定だ。
 国内のインターネット利用者の増加に伴い、ベトナム語のウェブサイトも急増し、ニュースサイトには国内外のベトナム人から多数のアクセスがある。最新の調査によると、ベトナム語のニュースサイトでアクセス数が最も多いのは、VnExpress、Tin tuc Viet Nam、VietnamNet、Thanh Nien Online、Tuoi Tre Onlineとなっている。中でもVnExpressは、2003年7月から2004年6月までの1年間、アクセス数1位を維持している。
 しかし、通信環境は国際水準に比べまだ十分とは言えない。国民ひとりあたりのGDPがベトナムと同水準のアフリカ諸国と比較すると、ベトナムは固定電話の契約件数、インターネット利用者数は多いものの、携帯電話契約件数とパソコン所有台数は少なくなっている。

(Dau Tu)
ベトナムニュース
HOME


              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.