ベトナム人を知る

  異文化について語ろうとすると、その国民性にまで言及することになるため、相手に不快感を与えることもある。かくいう私も「外国人から見た、ベトナム人の仕事に対する姿勢」について調査していると、彼らのあまりにも率直な意見に思わず反論したくなることもあった。
 これまでベトナム人のビジネス文化については、ベトナムで商売をしたり生活している外国人の意見や、外国人の文化人類学研究者によるレポートなどがあるものの、科学的な研究は行われていないに等しい。
 ベトナム人は他の人、特に遠方から来た人を喜ばせるのが好きであるという。そのため、ベトナム人はたいていどんな質問にも、「はい」、「大丈夫です」、「大したことではありませんよ」などの肯定的な返事をするのだが、実は答えた時点で、問題が何であるかを探っているところなのである。例えば、「来月の納期に必ず納品できますか?」との問いに「はい」と答えるのは、取引先との関係を円滑に保つために過ぎず、心の中ではどうやって納期に間に合わせるか解決策を練っている。一方、外国人が同じような状況に立たされた場合、まず解決策を準備した上で初めて「はい」と答える。ベトナム人はとりあえず「はい」と答え、どうするかは後で考えるのだ。
 また外国人は、ベトナム人の(特に国営企業や国家機関の)仕事における責任所在の曖昧さにも驚く。問題が起こると関連機関をたらい回しにされるが、結局、責任を持って具体的に解決しようとする人は誰もいないことが分かる。公的機関に限らず、“皆の同意を得たい。はみだしたくない、孤立したくない”という文化がはびこっている。
 外資企業の欧米人マネージャーたちは「ベトナム人職員が問題に直面した時の対処方法には納得できない」と口を揃える。ベトナム人は上司に相談して共に解決策を練るということをせず、何とか1人で乗り切ろうとして、失敗し、結局、仕事が遅れる。またベトナム人は他人に恥をかかせることを嫌い、なかなか率直に意見を述べない。権力のある人を尊重する傾向があるので、上司との関係を大切にする。一方、欧米人は仕事上の関係と個人的な関係をはっきりと区別する。彼らは仕事中に部下を厳しい言葉で叱責したとしても、会社の外で偶然会ったら楽しく会話したりするのだ。ベトナム人はこの2つの関係を1つにしてしまうので、人間関係を築くうえで合理的ではないと言えるだろう。
 個性を尊重すると言われる欧米人と比べ、集団を尊重するベトナム人の方が大勢の人が共に取り組むプロジェクトの成功率が低いのは驚くべき事実である。ベルギーの経営管理機関の講師を勤めるPaul Pilavachi博士によると「集団性の高い人々は、組織で何かをしようとするときにも一番の重要事項は“皆が同意すること”であり、メンバーの調和を図ることを最優先にします。この行為が仕事を遅らせ、時には本来の目的さえ見失う結果となるのです。一方で個性を尊重する組織では、一緒に仕事をしていても最終目的は“組織の仕事が成功すること”であり、組織内の人間関係はさほど重要視されないのです」と言う。
 ベトナム人は「アメリカ人は個人を尊重するあまり我が強過ぎる」と考えており、アメリカ人が「ベトナム人はどうしてはっきり物を言わないんだ。うわべのことをペラペラしゃべってばかりで、解決すべき問題に立ち向かおうとしない」と批判されても驚きはしない。実際、ベトナム人は、アメリカからやって来たビジネスパートナーの理屈に説得されたわけではなく、内心「人生はそんなにシンプルじゃないんだよ。どうせ言っても分かってはもらえないだろうし、とりあえずうなずいておくか」と思っているのだ。
 契約締結の場においても、ベトナム人は自分の契約相手に対する印象を信じ、取引の大まかな部分のみを見て詳細にまで注意を払わない。一方外国人はというと、それまでに取引先と良い関係を築いていたとしても、交渉の際には必ず弁護士を同行させ、歯に衣着せず討論しようとする。このやり方にベトナム人はショックを受け、「自分たちは相手を信頼しているのに、なぜ彼らからは信頼してもらえないのだろう」と感じるのだ。会議やセミナーの席で、理解が不十分であったり納得がいかない時でもベトナム人はたいてい沈黙する。“衝突したくない”、または“難しい立場に追い込まれたくない”という心理からこのような態度をとるのである。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

HOME




2004.04.05
  Phu My 3発電所、操業開始
2004.04.01
  ソフトウェア版権侵害が95%
2004.04.01
  日本政府、8つのインフラ建設プロジェクトに融資
2004.03.25
  日本政府、ベトナム最大の港湾建設に援助
2004.03.23
対米繊維輸出、クオータを上回る潜在能力
2004.03.23
木材加工原料が値上がり
2004.03.23
7月1日より新所得税法施行
2004.03.19
賃貸高層集合住宅の開発を促進
2004.03.18
化粧品の輸出が好調
2004.03.18
日本政府の援助で人材育成センターを設立
2004.03.17
ホーチミン市、カラオケ・ディスコ経営の規制を強化
2004.03.16
LGベトナム社、日本・韓国へテレビを輸出
2004.03.16
国営企業の株式会社化を促進
2004.03.16
ウミガメの乱獲、実態調査へ
2004.03.15
商務省、国内産原料・製品保護計画の見直しを提議
2004.03.12
セメント、年内は価格を据置き
2004.03.11
高級志向化する消費者ニーズ
2004.03.04
プラスチック部門、今後の3大プロジェクト
2004.03.01
中国産農産物484品目の輸入税撤廃へ
2004.03.01
ベトナム語のドメイン名を発給開始
2004.02.26
Soc Trang省の砂を輸出
2004.02.26
広告業界への政策改善を
2004.02.19
インターネット利用の新規定
2004.02.19
Can Gio県、エビ収穫量が5年前の20倍に
   
 


2004.03.31
  ベトナム裾野産業の発展に向けて
2004.03.29
  米国IDGグループ、情報テクノロジー分野に1億ドルを投資
2004.03.12
  外国人の雇用、最大50人まで
2004.03.10
ベトナム、WTO加盟実現への課題
2004.03.08
  ベトナム人の「手先の器用さ」に世界の熱い眼差し
2004.03.03
FDI企業の株式会社化、30社が申請
2004.03.03
証券市場、外国人による投資が増加
2004.03.01
日系企業の投資実行額がトップに
2004.02.26
ホーチミン市、外国投資に優遇政策を適用
2004.02.19
ホーチミン市、オフィスリース料が上昇
2004.02.19
汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望
2004.02.18
2003年、最も高い投資効果を実現したFDI企業10社
2004.02.13
Hino Motorsベトナム社、大型トラック市場の展望
2004.02.02
越日合弁ソフトウェア社が設立
2004.01.29
外国投資誘致の目標額と今後の課題
2004.01.20
元ベトナム商工会議所副会長が語る「経済発展に必要なもの」
   
 


2004.04.02
  人身売買が2年間で1,758人に
2004.03.25
  木材加工品の輸出が好調
2004.03.23
  インフレ、過去7年間で最高
2004.03.17
  商標確立にかけるコスト、5%以下に留まる
2004.03.11
販売促進費が売上の約5%に
2004.03.09
原油輸出量が333万トンに
2004.03.01
重大交通事故、年初2カ月で47件に
2004.02.25
昨年の工業生産高、トップ10地域が全体の76%を占める
2004.02.02
農産物の輸出価格が上昇傾向
2004.01.29
越僑の送金額、ODA総額に匹敵
   
 


2004.03.25
  相手を知らずに商談
2004.03.15
  ベトナム一の長寿は116歳の女性
2004.03.04
生活レベル調査でホーチミン市147位、ハノイ152位
2004.02.20
不動産会社、人民委員会の“虎の威”を無断借用
2004.02.18
体育委員会副委員長、強制猥褻の疑いで逮捕される
2004.02.18
高級売春斡旋の元締めを逮捕
2004.02.16
鳥インフルエンザ、街に広がる波紋
2004.02.16
高額な給与で求職者を募る
2004.02.12
東大修士論文発表会、ベトナム人建築士が最優秀に
   
 


2004.03.19
  ハノイ路線バスの人間模様
2004.03.17
  廃品回収で億万長者に
2004.03.15
  新天地に賭けた人々
2004.03.08
  死神から子供を救う女性
2004.03.04
中国人行商人、性欲促進剤を販売
2004.02.28
ベトナム製電気自動車が登場
2004.02.26
活躍するベトナムの若手DJ
2004.02.15
ホーチミン市、大型カフェが続々登場
2004.02.14
100万ドンの高級品…コールガール
2004.02.08
サル料理ブーム、絶滅の危機を招く
2004.02.01
不妊治療の集落
2004.01.06
ワサビ栽培にかけた青春
   
 




              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.