ベトナムの物乞いの日収は50万ドン

 乾季がやって来ると、Tay Nguyen地域には全国各地から多くの人々が出稼ぎに訪れる。その中には物乞いをしにやって来る人も少なくない。
 キャスターのついた板にうつ伏せに横たわり、手で地面をかいて移動する痩せこけて真っ黒な顔をした両足が不自由な人、あるいは両手を失った人、目が不自由な人たちが慈悲を求めて町を徘徊する。人々は彼らの不幸な境遇に同情し、財布から数千ドンを取り出すことでその哀しみを分かち合おうとする。
Gia Lai省Pleiku東部でバイクタクシーの運転手をしているTさんは、毎日約束の時間になるとPham Ngoc Tr.さんという物乞いの男性を迎えに行く。日給10万ドン(約6.7ドル)で雇われているTさんは、「朝はかなり早いけど、Tr.さんの送り迎えをするだけなんだ。言われた場所に連れて行って、夜になると約束した場所に迎えに行くんだ。寺への参拝者が多い正月、祝祭日、旧暦の1日と15日には寺の門まで連れて行く。どこかで祭や行事があればそこへ向かう。仕事はそれだけさ。彼のように毎日使ってくれるお客さんは本当にありがたいね」と話す。
Tさんに住所を教えてもらい、PleikuのTra Ba街区にある長屋にTr.さんを訪ねた。長屋の貸し部屋11室のうち5室は“物乞い家族”が入居しているという。ここの家賃は1カ月15万〜20万ドン(約10〜13.3ドル)だ。大家の女性は「入居者の中で一番多いのは物乞いなんですよ。初めは本当に家賃を払ってくれるのか心配でたまりませんでした。ところが、毎月きちんと払ってくれるんです。彼らはいつも朝早く部屋を出て夜遅くに戻ってきます」と話した。
Tr.さんはBinh Thuan省Ham Tan県出身で、10年以上前から両足が不自由になり、物乞いをするようになった。彼は昨年半ば、10歳以上年下の内縁の妻と7人いる子供のうち4人を連れてPleikuにやって来て、この部屋に住むようになった。家族の中で稼ぎ手は彼1人だが、高級バイク2台の他、テレビ、ガスコンロなどの家財道具を揃えた。近所の人は「物乞いがみんな苦しい生活をしていると思ったら大間違いさ。Tr.さん一家はうちの何倍も良い生活をしているよ。Tr.さん1人の稼ぎで田舎にいる子供も合わせて8人も養ってるんだから大したもんだよ。毎日 “仕事”から帰ってくると、嫁さんが抱きかかえて家の中に入れて、お湯で体を洗って服を着替えさせた後は、香水までつけてやるんだよ。食事が終わるとお洒落して、3輪に改造したバイクに嫁さんと子供を乗せてドライブに出かけるんだ」と教えてくれた。
 毎朝、彼らは破れてボロボロになった服をまとい、迎えのバイクが来ると抱き上げて乗せてもらい出勤するのだ。大家の女性は「うちに住んでる物乞いの人の平均日収は50万ドン(約33ドル)だそうですよ。今年の旧正月の元旦なんか、Tr.さんはお寺で数時間“仕事”しただけで200万ドン(約133.3ドル)以上も稼いだそうです。いい仕事に就いててもなかなかこうはいきませんよ…」と言う。
Tr.さんの“同業者”であるHさんは、1955年生まれでThua Thien−Hue省Phu Anの出身だ。妻と2番目の子供を連れて昨年10月から同じ長屋に住んでいる。Hさんは「戦争中に地雷を踏んで右足を吹っ飛ばされてね。左足も重傷で、松葉杖が無いと歩けなくなったんだ。田舎に住んでいた頃は、宝くじを売り歩いたり、ガスボンベの充填をやったりしたけど大した稼ぎにならなくてね。それで知り合いに誘われてここに来たんだ。この仕事は稼げるけど、ボロボロに破れた服を着なくちゃいけないし、公安やパトロール隊に見つかって収容所に送られても何とか抜け出して、またこの仕事を続けないと、妻と2人の子供は養っていけないよ。乾季が終わったら、家族で中部か南部に引っ越すつもりなんだ」と話した。
 彼ら物乞いは決まって、「これ以上破れない」というほどボロボロの服を着て、仕事中は常に貧困を嘆いている。しかし彼らは現在置かれている状況でも、もっと誇り高い人生を築くことが出来るはずだ。心身ともに健康な人間であれば、家族は今の生活が一時的なものに過ぎず、良識に欠けていることを一刻も早く認識するべきである。政府は、一部の省および町で物乞い撲滅のための対策を講じたが、今後、Gia Lai省でも実施することが望ましい。

(Thanh Nien)

HOME




2004.04.05
  Phu My 3発電所、操業開始
2004.04.01
  ソフトウェア版権侵害が95%
2004.04.01
  日本政府、8つのインフラ建設プロジェクトに融資
2004.03.25
  日本政府、ベトナム最大の港湾建設に援助
2004.03.23
対米繊維輸出、クオータを上回る潜在能力
2004.03.23
木材加工原料が値上がり
2004.03.23
7月1日より新所得税法施行
2004.03.19
賃貸高層集合住宅の開発を促進
2004.03.18
化粧品の輸出が好調
2004.03.18
日本政府の援助で人材育成センターを設立
2004.03.17
ホーチミン市、カラオケ・ディスコ経営の規制を強化
2004.03.16
LGベトナム社、日本・韓国へテレビを輸出
2004.03.16
国営企業の株式会社化を促進
2004.03.16
ウミガメの乱獲、実態調査へ
2004.03.15
商務省、国内産原料・製品保護計画の見直しを提議
2004.03.12
セメント、年内は価格を据置き
2004.03.11
高級志向化する消費者ニーズ
2004.03.04
プラスチック部門、今後の3大プロジェクト
2004.03.01
中国産農産物484品目の輸入税撤廃へ
2004.03.01
ベトナム語のドメイン名を発給開始
2004.02.26
Soc Trang省の砂を輸出
2004.02.26
広告業界への政策改善を
2004.02.19
インターネット利用の新規定
2004.02.19
Can Gio県、エビ収穫量が5年前の20倍に
   
 


2004.03.31
  ベトナム裾野産業の発展に向けて
2004.03.29
  米国IDGグループ、情報テクノロジー分野に1億ドルを投資
2004.03.12
  外国人の雇用、最大50人まで
2004.03.10
ベトナム、WTO加盟実現への課題
2004.03.08
  ベトナム人の「手先の器用さ」に世界の熱い眼差し
2004.03.03
FDI企業の株式会社化、30社が申請
2004.03.03
証券市場、外国人による投資が増加
2004.03.01
日系企業の投資実行額がトップに
2004.02.26
ホーチミン市、外国投資に優遇政策を適用
2004.02.19
ホーチミン市、オフィスリース料が上昇
2004.02.19
汚水処理施設建設会社社長、今後の市場展望
2004.02.18
2003年、最も高い投資効果を実現したFDI企業10社
2004.02.13
Hino Motorsベトナム社、大型トラック市場の展望
2004.02.02
越日合弁ソフトウェア社が設立
2004.01.29
外国投資誘致の目標額と今後の課題
2004.01.20
元ベトナム商工会議所副会長が語る「経済発展に必要なもの」
   
 


2004.04.02
  人身売買が2年間で1,758人に
2004.03.25
  木材加工品の輸出が好調
2004.03.23
  インフレ、過去7年間で最高
2004.03.17
  商標確立にかけるコスト、5%以下に留まる
2004.03.11
販売促進費が売上の約5%に
2004.03.09
原油輸出量が333万トンに
2004.03.01
重大交通事故、年初2カ月で47件に
2004.02.25
昨年の工業生産高、トップ10地域が全体の76%を占める
2004.02.02
農産物の輸出価格が上昇傾向
2004.01.29
越僑の送金額、ODA総額に匹敵
   
 


2004.03.25
  相手を知らずに商談
2004.03.15
  ベトナム一の長寿は116歳の女性
2004.03.04
生活レベル調査でホーチミン市147位、ハノイ152位
2004.02.20
不動産会社、人民委員会の“虎の威”を無断借用
2004.02.18
体育委員会副委員長、強制猥褻の疑いで逮捕される
2004.02.18
高級売春斡旋の元締めを逮捕
2004.02.16
鳥インフルエンザ、街に広がる波紋
2004.02.16
高額な給与で求職者を募る
2004.02.12
東大修士論文発表会、ベトナム人建築士が最優秀に
   
 


2004.03.19
  ハノイ路線バスの人間模様
2004.03.17
  廃品回収で億万長者に
2004.03.15
  新天地に賭けた人々
2004.03.08
  死神から子供を救う女性
2004.03.04
中国人行商人、性欲促進剤を販売
2004.02.28
ベトナム製電気自動車が登場
2004.02.26
活躍するベトナムの若手DJ
2004.02.15
ホーチミン市、大型カフェが続々登場
2004.02.14
100万ドンの高級品…コールガール
2004.02.08
サル料理ブーム、絶滅の危機を招く
2004.02.01
不妊治療の集落
2004.01.06
ワサビ栽培にかけた青春
   
 




              TheWatch.com © 1997 - 2004 TOHO CO., LTD. All rights reserved.